ファスティング ブログ 体験談

MENU

ファスティング体験談※ブログで記録

様々なメディアで紹介されるダイエットの方法には実に多くの種類のものがありますが、最近特に話題を集めているものの一つがファスティングダイエットと呼ばれるものです。
ファスティングとは一種の断食のような方法で、通常の食事を、酵素ドリンクやグリーンスムージーなどに置き換えるといった方法が一般的です。グリーンスムージー夜飲んだり、朝にしたりその人のライフスタイルによって飲むタイムは自由です。
酵素ドリンクやグリーンスムージーには、様々な果物や野菜から抽出した酵素やミネラル分などの栄養素が豊富に含まれており、これらを積極的に摂取することで、体を健康的な状態に保つというものです。
こうしたファスティングダイエットは、ブログで体験談を紹介する人も非常に多く、中には様々な製品をためし、その体験談をブログにアップしているものもあります。
こうしたブログでは、体験談に基づき、各製品の長所や短所を分析したり、またおすすめの購入方法を紹介したりと、ダイエット方法に悩む人にとって参考になる情報が多数記載されています。
ファスティングダイエットを行うことで、毎日のカロリーを削減する効果はもちろん、酵素の働きによって、体の代謝機能をアップさせ、体の中に蓄積しやすい脂質やコレステロール、また不要な老廃物を効率的に排出できるようになります。
これにより、太りにくい体質を作ることができ、またデトックスの効果も期待できるものとなっています。
肌の細胞の代謝機能も向上するため、お肌の調子を整える美容効果が高いのも大きな利点となっています。
ファスティングを効果的に行うためには、注意点を知り、守ることが大切です。
まず、ひとつ目の注意点としては、16歳から60歳ぐらいまでの健康に問題ない方のみが行うということです。成長途中にある中学生や体力が衰えてくる60歳以上の方は、健康を害してしまう恐れがあります。また、健康であっても痩せすぎであったり、妊婦や生理中の人も避けるべきです。そして、臓器障害や糖尿病などの持病がある場合は、必ず事前に医師と相談してから行うと安心です。
ファスティングは食事を置き換えて行うものであるため、酵素飲料によって栄養素が摂取できるからと言っても慎重になるべきなのです。
次の注意点としては、ファスティング期間中の事です。この期間中は、薬の服用もなるべく避け、激しい運動や労働は避けるようにしましょう。
ハードワークや激しい運動をどうしてもしなければならない場合は、半日だけにしたり週末を利用して2日間だけ行うなどしましょう。3日以上のファスティングを行う場合は、休養の期間も十分考えてプランを組み、無理をしないようにしましょう。
3日行う場合は、ファスティングが終わった翌日もゆっくり休みが取れる場合のみに行うと体に負担を与えずに安全です。長期間行う場合には、プロの指導の元でファスティングが行える施設などを利用するとよいでしょう。専用施設で行われるところであれば、個人に合わせたプランを組み、実践中もしっかりと管理してもらえます。
ファスティング中、空腹を紛わせるために、ガムや飴を口にする人が多いのですが、ガムや飴には多くの糖分が含まれており、胃酸が必要以上に出て胃を痛めてしまうことがありますから注意しましょう。
短期間でダイエットをしたい人におすすめなのが、野菜ジュースを使ったファスティングダイエットです。ファスティングとは断食のことをいい、通常は医師の管理の元で健康面に気を使いながら実行する必要がありますが、野菜ジュースで体が必要としている酵素を十分に補いながらダイエットをすることで、数日間であれば無理なく健康的に実行できます。

ファスティングを始める1~2日前から、脂っこいものや重い食事は避けて、消化に良い食事を摂るようにして胃腸を整えていきます。実行する日からは水と野菜ジュースのみを摂取して、それ以外の食事は一切摂らないようにします。一見無茶なダイエットに思われがちですが、毎日酷使している胃腸がこの期間にゆっくり休むことができ、必要な栄養素は野菜から補うことができますので、かえって定期的に行うことで胃腸を整える働きがあります。2~3日程度でおかゆから徐々に普通の食事に戻していきますが、ファスティングを行っている期間はカロリーをほとんど摂取していないため、体重はほぼ確実に落ちます。また、胃腸が休めたことで不要な老廃物を体外に押し出すデトックス効果を得ることができますし、それによって体がすっきりと変化したことを実感できます。ただし、この間は無理はできませんので、できれば連休や週末などを利用して、ゆっくり体を休めながら実行するようにしましょう。最初は1日程度からスタートさせると負担もそれほど大きくありません。

リンクX1_top1
更新履歴